引越し手続き

引越しの準備ってどこから進めればいいのでしょうか?

引越しの準備ってどこから進めればいいのでしょうか?

 

引越しが決まりました。でも、どこから進めたらいい、という方に引越しの準備・手続きのガイドを作成しました。

 

ちょうど、手続きを中心に簡単なチェックリストもアップしましたので、参考にしていただけると嬉しいです。

 

引越しで一番大事なのは、「引越しの時期は業者が忙しくなる」ということ。つまり、業者を抑えておかないと、希望の日に引越しができない可能性もある、ということです。

 

ですから、最初に引越しの時期を決め業者を選ぶことが大切です。

 

もし、引っ越しの日時が具体的に決まっていて、新居も決まっている、だけど引越し業者だけが決まっていない、そんな時には一括見積もりサービスが便利。

 

すぐ見積もりしましょう。わざわざ、相見積もりをひとつひとつするよりも全然楽です。

 

 

   ↓ おすすめはこちら ↓

 

 

☆引越し価格ガイド
  ・5つの特徴:
    @ 最短1分で終わる簡単な入力!
    A 大手業者多数!厳選引っ越し業者120社以上が参加!
    B 利用者数75万人突破!(2011年1月現在)
    C 引っ越し会社に電話で1社ずつ料金を聞かなくても、ネットで引っ越しに必要な費用の見積もりを最大10社に一括依頼でサービスや価格などを比較し、おトクに引越しする事が可能!
    D しかも、ご利用は完全無料!

 

 

    ↑要チェック     ↑

引越しの段取り

引越しの段取りに段階があります。

 

こんな感じ♪

 

@梱包
A搬出
B搬入
C荷解き

 

というスケジュールがあります。

 

自分が極力できることはやる、ということであれば、その分だけ引越しの費用は安く上がります。

 

小さなお子さん等がいて、自分ではあまりできない、ということであれば、業者に多くの作業をやってもらうことになり、手伝ってもらった分引越の費用は高くなります。

 

だから、引越をされる方の家庭の状況によって選択肢も変わってきます。

 

一番お金のかからないのが、

 

@梱包だけは自分でやり、
A搬出B搬入は友人のトラックを借り運んでもらい、
C荷解きも自分でやる

 

という方法ですが、人材・時間の問題もあり、なかなか難しいかもしれませんね。(親が健在ならば手伝ってもらうのもあり。)

引越しの日時で料金が変わる?

引越しの時期・日時で料金が変わるのでしょうか?

 

変わります。( ー`дー´)キリッ。

 

特に年間通じて引越しが多いのが、3月4月、いうまでもなく

 

・会社の人事異動

 

・新社会人

 

・新学生

 

など、まさに日本列島中でが大異動するシーズンです。

 

だから、ピーク時とも言われ、特にその時期の引越し料金は高くなります。

 

日時によっても変わります。

 

休日よりも平日の方が、引越し費用は安くなります。

 

その次に人気がない曜日が日曜日です。

 

日曜日の特に午後は、翌日が月曜日(出勤日・学校登校日)なので、結構空きがあります。

 

つまり、これらの日の引越しは、値引きがしやすいということです。

 

また、9月・10月は秋の人事異動時期です。

 

秋にも引越し業界は繁忙期があります。

 

大安吉日に引っ越ししたい人もいて、暦も要チェックです。

早めの予約で早割りを・・

飛行機を予約するときに早割りというものがあります。

 

早く予約することで、費用が割引になるものです。

 

引越し業者も同じです。

 

引っ越しの費用が、1ヶ月前から予約することで10%割引になる引越し会社もあります(^^)。?要チェックです♪

 

 

引越の一括見積は。。(ネットだと安くなる・・・)

スポンサードリンク